スライド操作で画面が変わる!? アンパンマン 「3モードでにこにこスマートフォン」で遊んでみた!

アンパンマン 3モードでにこにこスマートフォン

3モードでにこにこスマートフォンとは

画面をスライドして3つのモードを楽しめる音とおしゃべりがたくさん入ったアンパンマンのスマートフォントイです。

見た目は、色が鮮やかでアンパンマンのかわいいイラストが目を引きます。

子供にとってはもうこの見た目だけで大満足な玩具です!

単4乾電池×2本(別途購入)

対象年齢

対象年齢:3歳〜

全体的に角が丸く、取れて誤飲する恐れがありそうな装飾品が無いシンプルな玩具なので小さなお子様でも安全です。

3歳〜とはありますが、個人差もありますが1歳くらいから遊べそうです。

ボタンを押す事が大好きなお子様には、一度渡すともう手放さないくらい気に入って頂ける玩具です。

サイズ

高さ12cm・幅7cm・厚さ2.5cmと本物のスマートフォンより小さめで倍くらいの厚さの手のひらサイズです。

このスマートフォンは本物のスマートフォン感覚でカバンにポンッと入れて持ち運び易いサイズです。

音が小さい?それが利点!

この玩具はスマートフォンです。

なので、ボタンを押して音を楽しむ事以外に、耳に当てて「もしもし?」というごっこ遊びをして楽しみます。

という事もあってか、耳元に近づけると丁度良いくらいの音量設定のようで、外して聞く時には音量は小さめに感じます。

その上、音量の調節が出来ないので大人には「音が小さい?」と感じるかもしれませんが、この音が大きすぎると耳に当てた時には大音量で逆に煩くなってしまいますので、とても小さなお子様には大きすぎないくらいが良いかもしれません。

大抵の音の出る玩具は、音が大きいので外出先では周りを気にしてしまいますが、この玩具なら音を気にせず遊べそうです。

注目ポイント!

つかむ・おす・きく・かんがえる事で手先の発達や考える力が身につきます。

遊び方

電源のスイッチボタンはありません。画面のボタンを押す事で電源がONになります。

ごっこ遊びとしても十分楽しめますが、このスマートフォンには3つのモードに切り替えて遊ぶ事が出来ます。

3モード

画面を右に左にスライド操作する事で3つのモードに切り替わります。

モードを切り替えると「シャラーン」と流れ星のような効果音が鳴ります。

テレフォンモード

数字ボタンを押すと「ピ・ポ・パ」という効果音がし、ト音記号ボタンを押すと「ド・レ・ミ」の音に切り替わります。

ドレミの音で「アンパンマンのマーチ」が弾けます♪

受話器ボタンを押すと、アンパンマン・ばいきんまん・ドキンちゃんのいずれかに電話がかかります。

アンパンマンのマーチ♪(歌詞とドレミと番号)

10音で弾ける曲は他にもありますが、ドレミか番号の通りにボタンを押せばアンパンマンマーチが誰でも簡単に弾けます。

太文字は高い方の音です)

そうだおそれないで/ラララシラ(0866676)

みんなのために/レミレドシラソ(9098765)

あいとゆうきだけが/ラララシラ(0866676)

ともだちさ/レミレ909

なにがきみのしあわせ/ドレミファソラソファソ(123456545)

なにをしてよろこぶ/ファミレミドレレレミレ(4323122232)

わからないままおわる/ドレミファソドラソファソ(1234586545)

そんなのはいやだ/ファミレミドレミド(43231231)

わすれないでゆめを/レミレレミレレソレ(232232252)

こぼさないでなみだ/ミファミミファミミラミ(343343363)

だからきみはとぶんだ/ソラソソラソソ(5655655

どこまでも/レドシラソ(98765)

そうだおそれないで/ラララシラ(0866676)

みんなのために/レミレドシラソ(9098765)

あいとゆうきだけが/ラララシラ(0866676)

ともだちさ/レミレ909

なかまたちモード

タッチすると12の仲間達が自己紹介をします。(チーズは名乗りません)

子供の記憶力とは素晴らしいものです。

大人でも人の名前を覚えるのは難しい事ですが、子供は、キャラクターの名前をすぐに覚えて言えるようになります。

なかまたちモードは、記憶と言葉の発達にも役立ちます!

どのキャラクターに電話をかけようかな?どんなおしゃべりをしてくれるのかな?とワクワクさせてくれるモードです。

えんそうモード

アンパンマンのマーチをはじめ他、童謡の全6曲のメロディに合わせてリズムよく楽器を演奏できます。

左側の♫ボタンを押して好きなメロディを流しながら、タンバリン・ドラム・シンバルのボタンを押してリズム遊びをしましょう♪

6曲のメロディ
  1. 「アンパンマンのマーチ」
  2. 「ちょうちょう」
  3. 「大きな古時計」
  4. 「きらきらぼし」
  5. 「むすんでひらいて」
  6. 「クラリネットをこわしちゃった」

自動電源OFF機能

しばらく何もしないでいると「またね!バイバイ!」と言って自動で電源が切れます。

まとめ

最初の時点では、見掛け倒しで内容はそこそこなのかなと本当のところ子供の玩具なのでそこまでの期待はしていませんでした。

しかし、3つのモードに画面をスライド操作出来て本物のスマホをいじっているかのような動きが感じられます。

更に、3つのモードに切り替わってもちゃんとそれぞれのモードで位置づけられたボタンを押せば、モードに合った音が鳴ります。

ボタンの効果音や、ドレミの音、キャラクターに電話をかける事が出来たり、音楽を聞いてリズム遊びをしたり、キャラクター達のおしゃべりと、スライドして3つのモードで様々な遊びが楽しめます。

思いの外、安価な玩具でここまでのバリエーションがあるというのは驚きで、子供の玩具にしては本当によく出来ているなと思いました。

それに、子供達には絶対的な人気を誇るアンパンマン!なので、やっぱり子供達には遊びたくなる要素がそこにある!と言った感じで、子供が気にいるのも納得です。

子供がスマホで遊ぶというのは、世間的にはイメージがあまり良くないと思っている人も少なくはないので、本物のスマホを持たせたくないという親御さんにもこれなら抵抗無く持たせてあげられるのでオススメです!

「3モードでにこにこスマートフォン」でアンパンマン達とおしゃべりして楽しく遊びましょう♪

アンパンマン 3モードでにこにこスマートフォン

アンパンマン 3モードでにこにこスマートフォン

1,330円(11/18 10:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です