回らなくなった、なめたネジを外す!「ネジザウルスGT PZ-58」

回らなくなった、なめたネジを外す!「ネジザウルスGT PZ-58」

ネジザウルスとは

「ネジを回していたらネジ穴が潰れてしまい、ネジが回らなくなってしまった」
「ネジが錆びついて回らない」
「ネジを硬く締めすぎて回らない」
そんな悩みを解決してくれるのがネジザウルスです。回らなくなってしまったネジを先端で挟み込み、回して外すことが可能です。


開封前


開封後
見た目は完全にペンチですね。
グリップの素材にエラストマーを採用しており、手に吸い付くような持ち心地の良い質感です。
メカメカしいデザインも非常にカッコいいです。

 

縦溝でネジに噛み付く

ネジザウルスシリーズの最大の特徴は、刃先に入った縦方向の溝です。これによってネジの頭に噛みつき、しっかり固定することで、ネジを外すことを可能にします。
牙を剥くネジザウルスGT。
横方向だけでなく、縦方向にも溝が入っていることが確認できます。

縦溝角度の最適化による強い摩擦

縦溝の角度が末広がりになっており、これがネジを掴んだ時の強い保持力と回しやすさを実現しています。

ネジを掴む際に縦溝が従来よりも平行に近くなるように設計されています。

トラスネジも外せる

ネジザウルスGTは一般的なナベネジだけでなく、頭の低いトラスネジの取り外しに対応しています。

…おや、こんなところに外れなくなってしまった六角穴付皿ボルトがありますね。なんという偶然でしょう。


あ! やせいの 六角穴付皿ボルトが とびだしてきた! どうする?
長年放置されていたせいか、六角レンチが折れてしまいそうなくらいキツキツです。
こんなときはアレの出番です。


ゆけっ! ネジザウルス!

ガチッと噛み付いてくれます。
しっかり握れば空回りしません。

やせいの 六角穴付皿ボルトは たおれた!

ワイヤーのカットも可能

直径1.2mmの銅線を切断することが出来ます。

ネジザウルスGT PZ-58 まとめ

ドライバーでは回すことができなくなってしまったネジを取り除きたいという方にネジザウルスGTはおすすめです。穴が潰れてしまっていても、あるいは錆びついてしまっていても、ネジの頭部を挟み込み、ガッチリと掴むことでネジを回します。頭の低いトラスネジなどにも対応しています。先ほどご紹介しましたが、六角穴付皿ボルトも取り外すことが出来ました。

エンジニア ネジザウルスGT φ3~9.5mm用 PZ-58

エンジニア ネジザウルスGT φ3~9.5mm用 PZ-58

1,620円(11/17 13:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です